センター試験を受けたけど6割にも満たなかったので2浪(Nさん)

(Nさんからのお便りです)

センター試験、受けてきたのですが6割にも満たない状況で二浪という結果になってしまいました。
現役時代は全く基礎ができていない状態で受けたので仕方のない結果だったと思う事が出来ましたが
今年は担当の先生にもアドバイスをいただいて一年間外にもあまり出ず必死にやってきたつもりです。
それでも去年とほとんど全くと言っていいほど変わりのない結果になってしまいました。
また東大入試すら受けられないという悲惨な結果になってしまったのです。
答えを見て分かるのだから実力はついていると励まされてやってきたのですが、本番で結局正解が導き出せなければ
実力がついていないも同じではないでしょうか。
東大だって別に神じゃないのだから見ることもできれば触ることもできます。
同じ人間が受かっているのだから私にだって、とも思います。
諦めない、と担当の先生にはご報告してお礼を申し上げました。
でも考えれば考えるほど不安で死ねるのではないかというくらい胸がつぶれそうで怖くて眠れないのです。
辛いです。逃げたいです。誰か殺してくれないかとも思ったりします。

うちにはあまりお金がありません。
母親が月に何度か落ち込む日があるくらいには貧乏です。
その母が眠れない私を見て今日、「予備校に行く?」と問いかけてきました。
「このままじゃ、来年も一緒やで」とも言われました。
情けなかったです。
答えることもできず、どうしようもなく泣き崩れてしまいました。

大学受験ごとき、と思います。夢もあります。
いろんな著名人の格言を聞いては自己啓発を促して頑張ってきました。
しかしそれも一時的でまた眠れない日がやってくるのです。
でも諦めるということは東大に負けるということです。
そんなの認めたくありません。他のたくさんの人が東大に行くことができて私に行くことができないなんて認めたくないです。
テレビで笑う東大生や東大教授が自分とは別の存在だなんて思いたくありません。

浪人に対しては、恥だとか、無駄だとか、してよかった価値があった云々ではなく、
中学高校時代サボったツケが今回ってきているのは明確だし、これが私のペースだと思っています。
つまり私という人間が東大に入るためには通らなければならない道なのだということです。
ですから二浪という事実自体に対しては別に何とも思っていません。
でももう後がありません。
そう一度考えてその思考に囚われてしまうともう身動きができなくなります。
実力があればそう思うこともないのです。たとえ足切りであってもあと数十点だった、とか模試は判定がよかったのだから、とか、
何かしらがあるとこんなに悩むこともないのでしょうが、その後押しが私にはありません。
もう一年ダメだったら。足切りを免れても二次でダメだったら。夏や冬の模試のことも思うと精神が擦り減っていきます。
身も心もボロボロです。センターが終わってから勉強していません。
買い物に行ったり、本を読んだり、映画を見たり、やりたいことをやっています。
夜は眠れません。

予備校なんて行きたくないです。予備校に行かずとも東大に受かると思っているからです。思いたいだけかもしれません。
私は高校時代胸を張って「東大に行く」と友人に言いました。関西の地方のアホ高です。
当然噂は瞬く間に広まりそらもう馬鹿にされていたと思います。担任は応援しているフリをして陰で私の友人にひどいことを言っていました。
それでもなんのそのでした。言いたい人は何とでも言え、私が成すことは私しか知らないのだからと、たった一人黙々、相談すべき相手もおらず、
東大受験生の意識と誇りを掲げながら勉強してきました。
でももう全く自信が持てません。私はどうするべきなのでしょうか?
似たような苦しさを味わっている人はいるのでしょうか。話せる人も理解してくれる人も周りにはいません。
とっても長くて申し訳ないのですが、よろしければメールマガジンの方でも紹介していただけないでしょうか。
みなさんの意見が聞きたいです。
一時的に元気になったりまた落ち込んで寝れなくなったり、という一年をもう過ごしたくないです。

朝起きてとてもやる気がみなぎっている。自分は必ず受かるのだという気持ちが持てる。毎日充実している。

そんな一年にしたいです。

メルマガではよく「絶対受かる」という意気込みの投稿がよく紹介されていますよね。
でもやはりその気持ちを後押しするだけの実力があるのだといつも思っていました。
だから自分はだめかもしれないと心のどこかでうすうす思っていたのかもしれません。それに付随する実力が付いていなかったので。
自信は努力の結果おのずとついてくるものだとみなさん仰いますし、自分も全くその通りだと思います。
しかしこの一年努力したつもりでいた自分は、センター前の演習もボロボロ、模試ももちろんボロボロ、案の定結果もボロボロなんていうことになってしまいました。
苦しいながらやれることはやってきたし自分を責めることはできません。むしろよくやったと褒めてやりたいと思います。
でも来年笑っていられるかどうかわかりません。父は私を追い出す気でいます。私のことを思ってです。社会人として、働かなければならないからです。
しかし私は大学生としてキャンパスで笑い、恋もして、好きなことを納得のいくまでやって、大好きな勉強をして、立派に自立して親孝行をしたいです。

本当に長文申し訳ありません。お忙しい中貴重なお時間を削って読んでいただいてありがとうございます。
答えをどこにも見つけられないので、たまらなくなってメールを差し上げました。私はどうすればいいのでしょうか?自分を信じていていいのでしょうか?





【メールマガジンを読んだ人から届いたNさんへのアドバイスをご紹介します】

(FMさん)
サトルさんこんばんわ。FMです。
今日のメルマガ読みました。実は私も昨日まで殆ど手がつかない状態だったんです。
ただ、今日の午前2時ごろものすごく元気になることが出来ました。
理由はよくわかりません。ほんっとに何もかもダメだ、八方塞がりだと思っていた私がです。
受かる大学はあるけど行きたい大学に受からなさそう…2浪はダメ…そもそも滑り止めに受かるのか??と

私は母校にコンプレックスがあります。後悔はしていませんがある高校にものすごく未練があります。
その高校の名前を聞いただけで心の中が燃えます、友人がその高校出身というだけで絶対に負けたくないと思います。
そうです、高校など東大合格に全く関係ないと思っている私がものすごくその高校の名前を聞くだけでやる気が出るのです。
私はおそらく学歴主義者なんだと思います。今一番欲しいものは東大の学生証です。

こんなこと考えている人はそこまで多くないと思います、学歴に興味を示さない人も居ますからね。

でも、ホントにホントにいい大学に入って、世間で頑張ったんだねといわれるいい大学に入って街を闊歩したいと毎日のように思っています。
こんなコンプレックスの塊の私です、今から1ヶ月もあるなら死ぬ気でやれば・・・受かる!!いや受かってみせる!!と思いました。

高校が何だ?模試の判定がなんだ?おい、そこのお前。受からないって言ったな?根拠は何だ?
崖っぷちがなんだ?地頭がなんだ?受けた授業がなんだ?親の学歴がなんだ?
センター試験が何だ?私立の一般が何だ?絶対に受かってやる!全部受かって選り好みしてやるよ。

それくらい思っています。


さらにオバマ大統領のYes,we can! をYes,I can!に変え何度も何度も唱えています。


するとどうでしょう今日一日は勉強がはかどるはかどる。本当にこのまま行けば受かるんじゃないかと思ってきました。

そうすればしめたもの。これで私は受かりますね。

サトルさん少し変なメールですが乗せて頂く&サトルさんの意見をください。


お願いします。


(K.Takさん)
初めてメールさせて頂きます。
予め、大変長くなることをお伝えします。ご了承下さい。(もし、メルマガやホームページに掲載して頂けるなら、抜粋して掲載して頂いて構いません。)
今日(1/24)のメルマガのNさんのお便りを見て、少しだけ境遇が似ているけど逆の立場と思いました。

僕は現在一浪で宅浪中の者です。
志望校はセンター前までは東大理一でした。が、僕もセンターで6割切ってしまうという大失敗しました。
ここまではNさんと似たような境遇だと思いますが、ここからは逆です。
僕は先にもある通り、センターを失敗したこともあり、国立大は千葉大を受けることを決意しました。
確かにランクは落ちますが、センターでの失敗がある分不利な状況には変わりません。
ただ、足切りがない上に浪人の5月に過去問を解いた際に相性がいいと感じ、足切りが濃厚な東大よりは可能性があると踏み、出願校を変えることにしました。

本音を言えば、もう一浪して東大を目指したいのですが、親には「来年はないよ。」「今年で決めるように。」と言われているので、少しでも確率の高い選択をしようと思ったのです。
本気で東大に行きたいなら今年も足切りされるも同然でも東大に出願して、案の定駄目なら親に頼み込んでもう一浪するべきだ。という反論もあるでしょう。
しかし、僕にも事情があってそうはいきません。
僕は当初、私立の進学校(といっても、偏差値でいえば60前後の普通の学校です)に通っていましたが、いろいろな事情があり私立の通信制の高校に転校しました。その上、転校した通信制の高校のカリキュラムは全く進学に対応してないので、高3時には中規模の予備校にまで通わせてもらいました。…と、ここまでで結構な学費を使わせてしまったんですよね。
更に、僕には三つ下の弟(現在公立高校に通ってます。)がいます。そのため、これ以上僕には大学以外で学費はかけられない訳です。
そういう訳で、今年は宅浪を選んだのです。また、東大に出願しないことを選んだのです。

心の隅に東大に行きたい気持ちも残ってはいます。
しかし、今は既に気持ちを切り替えて、早稲田の基幹理工、慶應の理工、東京理科の理学部と理工、そして千葉大の理学部に受かることを考えて勉強しています。
それに僕にとってはこれらの大学は東大と遜色なく魅力的です。(このメルマガの読者は東大志望の方が多いと思うので、こういうのは邪道かもしれませんが…(苦笑))
だから気持ちに踏ん切りがついて、前に進めたのだと思います。

心残りも若干残ってはいますし、この選択が後の人生で良いものとなるかも分かりません。
仮に先のどこかの大学に入り、やはり東大がよかったと思うこともあるかもしれません。
しかし、そのときは親に頼ることなく、仮面浪人(あくまで大学も両立)や卒業後の再受験をしようと考えています。(ただ、前者は先の通り中途半端は親に失礼ですから、相当な覚悟がない限りしないつもりです。)

Nさんとは逆の立場ですが、Nさんが今の自分に納得できる選択が出来ることを祈っています。
そして下した決断に向かって突き進めることを祈っています。
偉そうなことを言って申し訳ありませんが、陰ながら応援させて頂きます。
僕も早慶と理科大、そしてセンターの失敗をカバーして千葉大に受かるよう突き進みます!


P.S. メールが長くなった上にまとまりがなくて申し訳ありません。
貴重な時間を割かせてしまったこともお詫びします。
(ペンネーム:K.Tak)


(Iさん)
サトルさん、はじめまして。

(あまり文章を書き慣れていないので日本語としておかしなところがあったらすみません。)

昨日のメルマガみて驚きました。Nさんのメールの内容が、自分がいまおかれている境遇とそっくりだったからです。
自分も一年宅浪で東大めざしましたが、センターは六割にすらとどきませんでした。去年と比べてもほとんど伸びてません。東大模試もセンター模試もセンター本番もボロボロで、いい成績なんて一度もとったことありません。

自分は両親がいなくて祖父母に育てられてきました。かなり貧しいほうなので、これ以上浪人して迷惑かけるわけにもいきません。ただどうしても東大を諦めきれそうにありません。どうしてもあのキャンパスで勉強したいです。(夏にオープンキャンパスに行ってから特に強く思うようになりました)

なのでいまは自分なりに結論を出しました。
自分はこれから地元近くの国立大に出願します。自分の将来の夢は天文学者になることです。なので、もしこの大学に入学することができたら、東大の大学院に行くことを目標に頑張っていこうと思います。 もちろん、この国立大でさえセンター六割に満たない成績なので、受からない可能性のほうが高いです。実際某予備校に提出したセンターリサーチではE判定でした。この成績だと自分の場合二次試験では8~9割の得点が必要になります。でも、最後まで諦めずに頑張ろうと思います。

Nさんへ
同じような悩みかはわかりませんが、似たような境遇の人はここにいます。 ただ、自分は学者になりたいという夢を叶えるため、突き進みます。お互い頑張りましょう。

(しょうごさん)
N様へ

はじめまして。しょうごと申します。
センターは受けて600点にも届きませんでした。
数学理科が酷かったです(半分取れてません)

でも2年間家で集中して勉強してたので、
センター試験の後、異常に疲れが一気に出ました。
それだけ、真面目に勉強してたんだなと思います。

まだ体が痛いですけど切り換えて、私大、と東大は
受けられないので他を受けます。
ちゃんと勉強したので、最後まで私は頑張ります。

どうするかは、国立2次試験が終わってから決めます。
説得力なかったらゴメンなさい。
(30才近い病み上がりの男ですけど)


(Cさん)
今は自分を肯定してあげて下さい。成績は実際なかなか上がらないものです。東大は一浪したからといって簡単に入れるようなところではありません。諦めたらその時点で合格率はゼロです。ただし、自分の夢を叶えるためだけならば、妥協して入れる大学に行くのも一つの手です。学歴以上の実力を将来身につければいいのです。
僕は三年間必死にやってきたにも関わらず、センター足切りされるような点数を取りました。旧帝大レベルに妥協し合格を勝ち取ろうと思っています。東大をあきらめたことは後悔してますが、自分の捉え方次第でそれは逃げだとも攻めだとも捉えることができると思っています。
結局は大学がどこであろうと、実力をつけて強くなればいいのです。東大は一つの手段ではありますが、必要条件ではありません。自分の可能性を認め、現実も踏まえ戦ってほしいと思います。生意気ですいません


(Wさん)
こんにちは。京大法のWと申します。
かれこれ4年位このメルマガを読んでます。
昨日の投稿を読んで自分のことを思い出してしまいました。
自分は予備校にも行かず、二浪して京大に入りました。ですので不安にさいなまれるのもよく分かります。
でもそれでいいと思います。自分の人生に対して真剣だからこそ不安に思うのです。
恥じるべきはつまずくことではありません。立ち上がらないことです。
また、二浪することで不利益に扱われることは全くありません。自分の先輩は三浪したのですが、某官庁(一種)に採用されています。
ではでは。


(とーやさん)
羽林サトル様へ

こんばんは、はじめまして。とーやと申します。
メルマガを読んでいて、思ったことがあったのでメールさせて頂きました。気持ちとしてはNさんへ宛てています(が、ちょっと的はずれかもしれません......)。
もしよろしければ、伝えて頂けないでしょうか。


「努力は報われる」って言いますよね。それは「努力すれば目標を達成できる」という意味ではないと思ってます。努力すれば、それだけ身に染みて色々感じ取ることができる。そういうことだと思います。

一日何時間も勉強しても、東大に受からないかもしれません。でもそのときその人は、悔しさ悲しみ諦め怒りといろんな感情をいっぺんに味わって、それだけ心が深くなるんだと思います。

「受からなきゃ意味がないんだ」と言われるかもしれません。ずっと東大を目指してがんばってきたのだから、そう思うのは当然です。
でもわたしは、努力しているひとも「勝ち組」だと思います。

「自分が今できていること」に目を向けるのって、とても大切なことだと思います。極端な話、生きてるだけでもすごいんです。
私事ですが、昔精神的に病んでいた時期があります。そのころは自分が生きてるか死んでるかなどどうでもよくて、食欲不振で何日も飲まず食わずだったり、信号が赤なのか青なのかもわからない状態で道を歩いて、ふらついてこけたりしてました。消えてなくなりたいと思ってたころは、ベルトで首を絞めたり腕を切ったりして自分をごまかしてました。
でも今、「自分が生きている」ということを改めて見つめてみると、感動さえ覚えます。

腕が傷だらけでも生きていけます。自殺未遂してたって生きていけます。東大受からなくたって生きていけますし、腕の傷は一生消えなくても東大には年に一回挑戦できます。
それにもちろん、東大に受からなかったといってあなたを責めることができる人なんていません(あなた自身を含めて)。
「できていないこと」を少し遠くへやって、「できていること」を見てみてください。

ありがとうございました。


とーや

« | メイン | センターの結果を見て、目標を見失ってしまった方に(MTさん) »