学歴社会

生春巻き様から受験生のみなさんへの貴重なアドバイスをご紹介します。どうもありがとうございました!
-----------------------------------------
サトルさん、

こんばんは。いつも楽しくメルマガを拝読しています。

私は会社を自分で立ち上げ、小さい会社ではありますが、経営している33歳の女性です。


子供の頃は、周りの大人に「学歴社会だから」と言われ、疑問を感じていました。

しかし、自分が経営者側になって、人を採用する立場になってから、
「学歴社会」について気づいたことがあります。

それは、高い学歴を手に入れた人には、「努力を継続できる才能がある」ということです。

どんなに素質のある人でも、難関大学に合格するには、それ相応の継続した努力が必要だと
私は思います。

「仕事」には、どんな優秀な人でも必ず乗り越えなければならない壁がつきまとってきます。
ですから、会社側からすると、「ちょっとしたことですぐに諦める人、努力を怠る人は採用したくない」
というのが本音だと思います(少なくても私の場合はそうです)。

もちろん、難関大学に行ったからと行って、全員が「仕事ができる人」ではありません。

しかし、難関大学に合格した人は、「努力を継続したことを1度は証明した」ことになりますから、
二流大学卒の人が「仕事は実力だ」と言うより、よっぽど説得力があります。

ちなみに上のような話は、他社の社長さんでもほぼ同じことをおっしゃっている方がいますので、
私一人だけがこのように考えているわけではないと思います。

私が子供の頃には、そんな風に学歴を説明してくれる大人がいなかったので、
将来を考える1つのヒント、として頂ければ幸いです。

もちろん、仕事ができる人間になるには、学歴だけではだめですよ。
人間性、常識力、コミュニケーション力等も不可欠です。

ペンネーム:生春巻き

本名:○○○○
----------------------------------------


サトルさん、度々すみません。
先ほどのメールに追伸がありますので、お読みいただければ、と思います。

***********
学歴とは別ですが、全国大会レベルに出場する体育会系の大学生も
就職の内定率が高いです。

これも、「努力を継続できることを証明した」からだと、私は考えています。

要は、採用する会社側は、「あなたが継続して努力できることの証明」が欲しいのです。


はっきり言って、何度も面接を繰り返して採用しても、仕事は実際にやってみないと、

その人が本当に仕事ができる人間かどうかや、その仕事への向き不向きはわかりません。

(また、仕事の才能は何年も訓練を重ねてようやく開花することもあるのです(勉強と同じですね))。

しかし、応募者全員を採用にはできないので、採用してからのリスクを最小限に
抑えるために色々な選考があるわけです。

ですので、学歴、部活の戦績(全国大会レベル以上は行っていないと厳しいです)、資格等で
「自分は努力を継続できる人間だ!」ということを証明できれば、採用する側も重視するのです。

そのどれもがなければ、とりあえずどこかの会社で働き、そこで結果を出してから
転職する、という手もあります。しかし、これには多大な時間がかかるでしょう。

また、高学歴でよいのは、サトルさんもおっしゃっていましたが、
損得抜きの人脈ができる、ということです。

学生時代の友達は一生の友達(=損得抜きの人脈)、社会に出てから作った友達は
損得勘定ありの人脈であることが多いです。

私は東大出身ではありませんが、某有名私立に高校から行っていたおかげで
意識せずとも人脈を広げることができました。
学生時代には想像しなかったことですが、この人脈が社会に出てから非常に役に立っています。

東大からは話が少々それてしまって申し訳ありません。
日頃子供達とよく接する仕事をしているのですが、「どうせ自分には無理だ」「やったってできっこない」
と最初から諦めてしまう子供たちが多いことを危惧しています。

一人でも多くの方がご自分の可能性を信じて、目標に向かって邁進できますように!

このメッセージが一人でも多くの方の心に届いたら、これ以上の幸せはありません。

長文、失礼致しました。これからもメルマガ頑張って下さい。応援しています。

ペンネーム:生春巻き

本名:○○ ○○





« J さん | メイン | けい さん »