東大を志望する理由

はじめまして。県立高校2年のあおもです。サトルさんと同じ埼玉県民です。
 私は前期入試で今の学校に受かったのですが、努力しないで受かった自分が嫌で、ちっとも嬉しくなかったのです。なんだか後ろめたい気持ちのまま高校に入学し、鬱のような状態になってしまいました。
 そんなこんなで1年の通知表は最悪。でも、それをもらったとき、なぜか嬉しかったんです。学校は好きになれないけど、まだ心は不安定だけど、それでも1年間通えたことが励みになりました。
 そして今日、母からある話を聞かされました。私の父についてです。父は県内でも有数の進学校に通っており、同級生たちはほとんど大学に進学しました。そして父にもまた、志していた学問がありました。しかし私の家は自営業のため、父は大学に行くことを許してもらえなかったそうです。大学進学を反対した知人の方が、今は父を大学に行かせてやればよかった、と後悔なさっているという話も聞きました。
 この話を聞き、本気で東大を目指す決意をしました。経済的なことを考えると、浪人をする余裕はありません。さらに私は高1の1年間ほとんど勉強をしていなかったわけで、高校のレベル云々の前に非常に厳しい状況です。でも、父の分まで大学で好きな勉強をしたい、高校受験のときの分まで頑張って、高校受験のときの分まで思いっきり喜びたい、そう思います。日本語を学びたいと思っているので、文三志望です。今日からまた、決意を新たに頑張ろうと思います。長文失礼いたしました。





あおもさんこんにちは、サトルです。
同じ埼玉なんですね。
そして、東大を目指すことに決めた経緯、読ませてもらいました。
お父様のこと、そして自分の過去のことと、いろいろな要素がからみあって
東大受験を決意するにいたったわけですね。
さらに、現在の状況もきちんと理解した上で、目指すことにした、と。
文3ということも決まっていますし。
これだけ立派な決意ができれば、さいさきのいいスタートを切れそうですね。
お父様が知ったらきっと感動なさると思います。
そしてなによりあおもさん自身がこれから納得のいく人生を送るために
東大合格は必要なことですね。
まだ2年近くあるので、いまから勉強をがんばれば十分に間に合います。
そして再来年は合格して、今までの分もあわせて喜びを味わってくださいね!

« 東大入試に必要な科目 | メイン | 勉強が嫌いになっちゃった »