東大受験診断

自分にあてはまる場合は○を、あてはまらない場合は×を選んでください。
○か×かどうしても決められないときは△を選んでください。

1.小さなことでもなかなか決断できない。

×

2.寂しいのでだれかにそばにいてほしいと思うが、気軽に人に会う気はしない。

×

3.お洒落どころか身だしなみにも興味が持てない。

×

4.すぐに涙ぐむ。

×

5.いったん怒りだすと自分がおさえられない。

×

6.気分にムラがある。

×

7.生まれ変わりがあるとしたなら絶対自分以外の人間になりたい。

×

8.他の人は悩みもなく、自分より堂々としているように見える。

×

9.自分には人より優れているところが1つ以上ある。

×

10.リラクゼーショングッズに凝りまくっている。

×

11.与えられた仕事は完璧にこなさないと気が済まない。

×

12.ちょっとしたミスがいつまでも忘れられない。

×

13.人の意見を聞いて「それもそうか」と思うことはほとんどない。

×

14.他人の生き方や性格をそのまま認めることができる。

×

15.空想と現実の境があいまいになることがある。

×

16.他人に同情したり世話をしたりするのは、直接的間接的にかかわらず
なんらかの見返りを期待する気持ちが働いているからだと思う。

×

17.いかに親しい人であろうとも自分をさらけだすことはできない。

×

18.周りの人間が自分のすきをねらっている。気のせいではない。

×

19.目的を達成するためなら手段をえらばない。

×

20.ユーモアを装いながら人を傷つけることがある。

×

21.自分の意見をはっきりいわない人にはいらいらする。

×

22.時間を有効に使うことができる。

×

23.考えることはあっても悩むことはほとんどない。

×

24.充実感がある。

×

25.宴会部長的な役割を求められることが多い。

×

26.人の話をだまってきいているのが苦手である。

×

27.考える前に体が動いてしまう。

×

28.物事を始める時はその結果まで予測してから行動に移す。

×

29.一人でいるほうが気が楽である。

×

30.計画は検討して見直すことも忘れない。

×

31.いつの間にかリーダー的な役回りをしていることが多い。

×

32.人前で話すことはそれほど苦痛ではない。

×

33.みんなのために働くことが好きだ。

×

34.今いる友人の多くは私から話しかけた人である。

×

35.自分と違うタイプの人とでも平気で話ができる。

×

36.個性的とはほめ言葉である。

×








東京大学生命・認知科学科認知行動科学分科の友達とぼくで作った東大受験診断です。

« 公立校生へ捧げるメタファー | メイン | 罪深きパズー さん »